戦略と戦術

ビジネスで重要なのは、戦略である、と聞いたことがあるように思います。
ところが、この戦略というキーワード、非常に理解が難しいことも確かですよね。

ついつい、戦術ばかりに目が向かいがちですが、戦略と戦術は、どういう違いがあるのでしょうか。

簡単に言えば、大局から見た場合の大筋の作戦を戦略とし、それぞれの役割の中で、どれがベストなのかを考えるのが戦術と説明すれば、非常にわかりやすいのではないでしょうか。

同様に、インフォメーションとインテリジェンスも同類のようで、違いがあるんですよね。

例えば、インフォメーションはひとつの見方で表される情報であり、インテリジェンスは情報の根幹を為す知識や知恵と考えると、わかりやすいかなと思います。

こうして、戦略と戦術、インテリジェンスとインフォメーションの言葉の意味を理解すると、思考の質を変えることが出来るのではないでしょうか。
今考えていることは、戦略なのか戦術なのか、インフォメーションなのかインテリジェンスなのか。

戦略無くして戦術無し、インテリジェンス無くしてインフォメーション無し、ということに気付くでしょう。
逆に、戦術とインフォメーションだけでは、目的は達成出来ないということになりますね。
(輸入車の車検情報のことならさくら車検)

戦術とインフォメーションに固執して周りが見えなくなるのは赤信号ですね。

«
»