戦略と戦術

ビジネスで重要なのは、戦略である、と聞いたことがあるように思います。
ところが、この戦略というキーワード、非常に理解が難しいことも確かですよね。

ついつい、戦術ばかりに目が向かいがちですが、戦略と戦術は、どういう違いがあるのでしょうか。

簡単に言えば、大局から見た場合の大筋の作戦を戦略とし、それぞれの役割の中で、どれがベストなのかを考えるのが戦術と説明すれば、非常にわかりやすいのではないでしょうか。

同様に、インフォメーションとインテリジェンスも同類のようで、違いがあるんですよね。

例えば、インフォメーションはひとつの見方で表される情報であり、インテリジェンスは情報の根幹を為す知識や知恵と考えると、わかりやすいかなと思います。

こうして、戦略と戦術、インテリジェンスとインフォメーションの言葉の意味を理解すると、思考の質を変えることが出来るのではないでしょうか。
今考えていることは、戦略なのか戦術なのか、インフォメーションなのかインテリジェンスなのか。

戦略無くして戦術無し、インテリジェンス無くしてインフォメーション無し、ということに気付くでしょう。
逆に、戦術とインフォメーションだけでは、目的は達成出来ないということになりますね。
(輸入車の車検情報のことならさくら車検)

戦術とインフォメーションに固執して周りが見えなくなるのは赤信号ですね。

営業スキル

ビジネスを行う上でイメージアップ戦略を採るのは、大企業の理論です。
歴史のある企業は、それだけでブランドや社名に信用があり、消費者からも絶大な人気を誇る事もあるのです。

面白いのは、今の時代は決して、消費者がブランド志向ではなくなっていることでしょうか。

例えば、デパートは、昔から考えると信じられないぐらいに苦戦しています。
小売の独壇場を占めていたと思われますが、複合商業施設に対しては、分が悪いこともあるようで、戦略の転換や吸収合併なども行われました。

デパートは高いのです。
しかも決して利便性が良いというわけではありません。

一例として、バリアフリー構造を挙げると、圧倒的に不利なのです。
車いすでは自由に動き回ることが出来ない設計ですので、どうしてもお年寄りは、広々とした床面積を持つ複合商業施設を好みます。

長引く不況によってサラリーマン家庭は、昇給などの収入の増加が見込めなくなっているのも、価格重視のショッピングになっていることから、高級なデパートの品ぞろえでは消費者も手が出ないのです。
サービスの向上を謳っても、丁寧に対応するだけで、現実離れしている接客に愛想を尽かす人もチラホラ。

そして深刻なのは商店街ですね。
地域のアーケード街のほとんどは、瀕死の状態です。

単純に大型店舗の進出だけではないような気がします。

«
»