衣替え

六月になると、袷から単衣に衣替えをします。
袷とは冬用の着物で、裏地である胴裏や八掛がついたもの。
単衣は、六月と九月の中間期用で、裏地がついていない着物です。

着物に合わせて、長襦袢や半襟、帯も変わります。
素材や色にこだわって、季節に対応しましょう。

単衣を着る時期は、六月と九月の二か月しかありませんので、着物を多く誂えるよりも、帯や小物の違いで季節を表し、着物に袖を通す機会を多くつくることの方をお勧めします。

帯締めひとつを変えることで、その着物姿から受ける印象はずいぶん変わります。
帯揚げや帯締めは、色味や素材を違えて数多く揃えておくと、たいへん重宝します。

単衣の時期は、雨が多い季節。
雨コートや履物を持っておくと心強いものです。
衣替えの時期は、まさしく備えあれば憂いなし、という言葉が身に染みる時期でもありますしね。

さて、衣替えの時期は決まってはいませんが、目安になるのは、高校生の制服でしょうか。
ある時期に差し掛かると、制服が変わるのですが、これがすなわち夏服と冬服なので、これを目印に、ご家庭でも衣替えを計画すると良いのではないでしょうか。

とはいえ、天気は衣替えの季節なんて関係ないですから、夏服でも寒く感じたりする時があったり、冬服でも暑い日が続くことなんてザラにあります。
しかし、季節に応じた衣服は、簡単には出し入れ出来ないように仕舞いこんでいるでしょうから、大変ですよね。

安全と味と品質で勝負
精肉は安全と味と品質で勝負の食肉卸
肉の安全性と徹底した品質管理で飲食店の支持を得ている精肉専門・加工業者
meat-kimura.co.jp/

«