大学の就職指導センター

普通の人は将来給料が高くて、働きやすい仕事に就くために大学に入ります。
しかし、大学に勉強する学生は普段社会と接触するチャンスが少ないので、仕事を探す時に競争力があまり強くありません。

就職率は大学の命でもありますので、各大学は就職指導センターを設立して、毎週学生たちに就職のポイントを指導します。
就職指導授業に就職マナー、自己紹介、自分の長所と短所の認識、面接のテクニック、面接時の服装ないし化粧の仕方まで学生に教えます。

そのほか、就職した卒業生を誘って、後輩に就職の経験を紹介します。
大学に入ったら、知識の勉強がもちろん大切ですが、卒業後の就職も大切だと思います。
だから、就職指導センターは非常に役立つと思います。

そもそも、なぜ「いい大学=いい就職」という方程式を未だに信じ込んでいる人がいるのでしょうか。
世相を無視して、昔の成功事例を誰もが使っているからでしょう。
すがりたい気持ちは理解できますが、いい大学とはどういう大学なのかの定義付すらわかりません。

インターネットスラングでは、Fラン大学という言葉があるそうです。
Fランクの大学という意味のようで、つまりは全くの無名で入学の偏差値も低いことを蔑んで呼ぶようですね。
そこに通学している学生及び関係者は、どういう思いで、この言葉を聞いているのでしょうか。

まあ、Fラン大学とは思っていないかもしれませんね。

ほっと一息オフィス
サビ残防止に役立つ就業管理
残業申請、及び残業命令機能の活用でサービス残業防止
biz-work.jp/
関連:www.miniaturesbypost.com

«
»