貨幣の本質

貨幣の前身は普通の商品で、交換過程で一般的な等価物になりました。
金自身は価値が高い商品なので、貨幣に最高段階になります。

さらに言えば、貨幣は商品交換の媒介になりますが、貨幣自身も商品で、普通の商品と同じ価値を持っています。
普通商品と共通性がなければ、貨幣は商品との交換が成立できません。

貨幣は普通の商品ではなく、特別の商品です。
その特別さは価値ではなく、使用価値から現れます。

金は固定的に一般等価物として、貨幣になった後、その使用価値は二重化になりました。金はアクセサリー、容器作りなどの自然属性としての使用価値を持っているとともに、一般的な等価物と交換手段などの社会属性で決めた使用価値も持っています。

その一般的な等価物の本質が一番大切です。
が、お金についての知識不足から、個人によって「お金」に対する認識や価値観などは随分バラツキがあります。
本質的な教育を受けていないがために、こうしたことに繋がっているものと思われます。

解決策は今のところ非常に難しく、お金についての教育を専門に行っている期間や企業があまりにも少なすぎること、お金の教育については腫れものにさわるがごとく臆病になっている人が多いのも原因です。
如何わしいものという間違った感情を抱く人がいる限り、お金についての正しい知識は得られないでしょう。

女性が輝く仕事
労働時間が見える就業管理
いつでも、どこからでも、出勤状況をリアルタイムチェック。
biz-work.jp/
関連:www.gatlinburgchalets.net

«
»