ICTとは

「IT」はよく耳にする言葉だ。
Information Technologyすなわち情報技術のことである。

注目され始めている言葉は、ICT。
Information and Communication Technologyのことで、情報通信技術である。
すでに海外では「IT」から「ICT」へと移行していて、日本国内でも改称が進んでいる。

 ITと違う点は、「情報」に「コミュニケーション技術」が具体的に加わった点である。
ネットワーク通信による情報の共有を重視していることが現れている。

ICTの代表格はさまざまな機能を持っている携帯電話やスマートフォンであるが、もともとネットワークがあるところへ通信技術を付け加えるような開発や改良を行うことは比較的容易である。
ICTに求められているのは、基盤となるネットワークがないところにも新しいコミュニケーション技術を作り上げていくことなのである。

世の中のインターネットの流れは、パソコンにインストールするアプリケーションソフトやHDDではなく、オンライン上で業務処理するクラウドが主体となりつつある。
パソコンはOSだけを搭載した端末機に向かっているのではなかろうか。

クラウドが主流になると、サーバーの需要が増えてくる。
サーバーのスペックの向上と数が必要となり、同時に、データセンターを運用管理するノウハウも求められている。

«
»