男子生徒も参加するようになった家庭科

男子たるもの台所に立つなかれと、私の父の世代、少し年配の方にとっては料理に携わることは難しく感じることと思います。

しかし最近の学校では男子生徒の料理教室はもはや珍しいことではなく、以外に男子生徒の方が器用に料理を上手に作ったりして教師を驚かせているようです。

確かに女性が外に出てどんどんと働くようになった今、女性だけが家事をしなければいけないのは女性にとってかなり負担になることがあります。

こうした現実から、男性の方にとって料理の作り方を知る、また慣れることは長い人生にとって家庭円満や生きるための術として現代では必要不可欠といえましょう。

また日本では料理番組といいますと女性が出演することが未だに多いですが、海外のテレビを見ますと多くの出演者は男性だったりします。

こうしたメディアは男性が料理に携わることは普通であるとか、そうでないとか私たちにイメ-ジをうえつけることをしますから、日本の学校が社会の流れに対応して変化しているように、テレビの世界も新しい流れに対応して良い方向に変化すればいいなと思っております。

草食男子や肉食女子など、マスコミを始めとするメディアが現代の若者のイメージを植え付けて楽しんでいるようにも思える今日この頃ですが、ナンセンスですよね。
それに便乗した商売が盛り上がるだけです。

家庭科を通して、人間形成まで言及して欲しいところですよね。

卸価格で提供
卸価格で提供の精肉専門店
安心価格で取引可能な飲食店御用達の肉のスペシャリスト集団が東京のミートキムラです
meat-kimura.co.jp/

«