人生にゴールはない

大学生の学力レベルが落ちていると嘆かれている。
高校の補習状態と揶揄されることも多い。
私が大学で授業を受けていた際も、とてもレベルが高かったとは言えない。

同じ大学であっても、エクステンションセンター主催の授業はレベルが高かった。
まず、受講生の勢いが違った。授業に食いついている、という印象が強かった。

どちらの授業も、生徒は自分で授業を選択している。
しかも大学生は受験までして授業を受けているのだ。
それなのに、受講料だけで受けることができるエクステンションセンターの授業の方が、生徒の質が高かった。

これは大学受験がゴールとなっている教育体制が原因であろう。
中学の時は高校受験のために、高校の時は大学受験のために。

そう思うと、大学の先は就職。今までと全く違うジャンルになる。
その違いに戸惑い、現状に満足する大学生が増え、学力が低下しているのではないだろうか。

勉強は継続するものだ。
いくら理解をしていても、全く勉強をしていなければ忘れる。
それを大学の4年間でしてしまってはもったいない。

次の就職というステップへ上手くジャンプできるよう、大学生自身の意識改革も必要だが、補助ができる制度も必要だ。

»