空気

放射能が大量に放出され、大気と海を瞬く間に汚染。
風速七メートルの風に乗った放射能は、七時間後には風下の首都圏も汚染、バタバタと人々が倒れた。

急性死六十万、死者総数七百万を超えても、放射能汚染の拡大は続いた。

東は宮城、西は岡山あたりまで日本の国土の七十五%が汚染され、被災した人々の救助活動も一切できない状況である。
セシューム一三七に汚染された二県分に相当する風下地域は、数十年単位で人が立ち入ることさえできない。

その後、放射能被害は世界に広がった。
そんな小説を書いたことがあったが、非現実的でないことを身を以て体験することになるとは思わなかった。

世界を舞台に、天災による人類のサバイバルを描いた作品は、小説だけでなく映画でも表現されている作品はあると思う。
宇宙からの侵略者なども、天災と言えば天災のカテゴリに入るのかもしれないね。

非現実的な空想は、いくらでも脳内で自由に解決策をひねり出せるものですが、現実となると絶望感に打ちひしがれる事になるのは当たり前の反応だと思う。
がんばろう、なんて気安く言えない状況の中で、どう立ち直っていくのかはデリケートな問題である。

さて、空気に運ばれるものとしては、インフルエンザなどの病原菌の他に、風評もある。
風評は実際に空気に運ばれるものではないが、スキマがあればどこにでも蔓延していくものである。
特にインターネット上でも拡散は早いですよね。

«
»