学園祭で気持ち新たに

私は女5人姉妹の長女です。
今年一番下の妹が大学受験をします。
母から聞いたのですが、妹の第一志望校が偶然にも夫の母校で、しかも夫と同じ理工学部を受験するらしいのです。

私以上に夫も驚いていました。
夫の母校は私達の自宅の近くにあります。
地域と共同で開催している学園祭がちょうど開催中だったので、妹とその友達を連れて行ってきました。

まずはキャンパスで開催されている学園祭に参加しました。
地域とのコラボだけに有名な店も模擬店を出店していて、なかなかの盛況ぶりです。
お昼はせっかくなので食堂で昼食をとりました。

ラーメンが今一歩の味でしたが、カレーは美味しかったです。
その後、夫のゼミの先生の研究室を訪問しました。

この日は小学生を対象に電流の実験が行われていて、研究室は小学生でにぎわっていました。
恩師に久々に会えた夫も嬉しかったようですが、妹は研究室を案内してもらいますます入学したくなったようです。
しっかり勉強に励んでいるようで、合格して欲しいです。

受験で一番やってはいけない事は、必要以上に親が介入することでしょう。
自分たちの経験を語りたいのは大人の悪い癖ですが、時は流れていますので、あまり役には立たないものです。
心構えを説くというのも、単なる大人の自己満足に過ぎないものです。

子どもを活かすも潰すも親次第で、子どもの事となると周りが見えない親はたくさんいるからこそ、じっと見守る親が勝つのです。

«
»