小学校もこの4月から英語が必須科目

この春から小学校の必須科目に英語が追加されました。
息子の通う小学校では正式な授業としては5年生からになるそうですが、それ以外の学年に対しては、校区で英語教室をされている方がゲスト講師として、年に一回程度授業をして下さるそうです。

息子は英語教室に4年間通っています。
先生はアメリカ人と日本人の先生が2人で教えて下さっておりネイティブ英語です。

聴覚機能の発達時期でもある4~5歳の時に習わせたので、息子の発音はアメリカンです。
私も聞き取れない事があります。

息子の英語の先生曰く、学校のペーパーテストでは7割の点数をとれればいい、学校で教える文法の形にこだわりすぎても実際に英語を言葉として発してコミュニケーションがとれなければ意味がないと。
私も語学はコミュニケーションの手段だと考えています。

シャイな日本人は学校で勉強して頭ではわかっていても、外国人を眼の前にするとしゃべれないケースが多いと思います。
小学生だからこそ英語の授業もそんなコミュニケーションを重視した方向に進んで欲しいです。

孫と一緒に英会話を学び始めたおじいさんやおばあさんも、少しずつ増えていたり、かつて外国で暮らしていたが、すっかり英語に離れてしまい、ちょっと思い出したいという動機のお年寄りもいるそうです。
学びの欲求は衰え知らずですよね。

ディズニーランドのDVDなどを英語で見せると、乳幼児は自然に英語に親しむようになります。
ちょっとした英才教育法ですね。

«