インタネットウイルス

インタネットの応用が国民の中に普及するとともに、現れた問題もたくさんあります。
インタネットウイルスはその問題の一つです。

風邪などの病気を引いたら、他人にうつします。
インタネットウイルスは私たちの生活の中のウイルスと同じようにうつせます。

一台のコンピュータがウイルスに侵害されると、同じ域の他のコンピュータは全部侵害される危険があります。
インタネットウイルスは寄生虫のように、アップロードした映像やイメージ、文章にくっ付きます。

ウイルスを感染した映像、イメージ、文章をクリックすると、あなたのコンピュータもウイルスを感染されます。
それから、ウイルスはそのコンピュータに隠れ潜んで、コンピュータのデータを潰して、侵害します。

インタネットウイルスは非常に危険なプログラムなので、それを防ぐのが大切です。
毎日ウイルスドクターでコンピュータをチェックしたほうがいいと思います。
ウイルスは自然に発生するものではなく、人為的な脅威であるため、毎日のチェックは欠かせないですね。

米国では、いわゆるこれらのウイルスを創り出すことの出来る人材を、逆に優秀な技術者としてIT企業ではスカウトすることがよくあるそうです。
もちろん、セキュリティに関するアドバイスが業務です。

まさかIT企業がウイルスをばら撒くわけにはいかないですからね。
日本には、そういった発送が無いのも、IT企業の伸び悩みがあるのかもしれませんね。

»