ネットゲーム

ネットゲームユーザーというのはどう言った層にあたるでしょうか。
私は自分の境遇からニートやネット難民というのは遠からず近からずな存在として写りますが、そういった年齢層が少なくともネットゲームをする傾向にあることは自覚混じりに知っています。

ネットゲームにも悪質なものから純粋なものまで幅広く普及しています。
私のゲームユーザー感覚からすると、課金を迫ってくるゲームは敬遠の対象です。

いくら課金によって扱われ方が違ってきたとしても、そうまでして丁重に扱われて得るものって、一体なんなのでしょう。
私にはわからない領域なので、はっきりとしたことは申し上げられませんが、おそらく操作するキャラクターのアイテムとか、衣服とかなのです。
すくなくとも私には必要性がないというより優位性が低いものでした。

私が考える純粋なゲームというのはシンプルなわかりやすいものなのです。
難しくて楽しいっていう領域は、コアなユーザー向けに作られた狭い客層をねらったものです。

ですから私のようなものが楽しいと思うようには作られていないわけです。
総じてゲーム自体をあまりやらないので、疎い人間の書いた文章だと思われてしまうかもしれませんが、残念な印象が多いのが最近のプレイ後の感想でした。

ただ、パーティやギルドを抜けるということは、心情的にハードルが高くなる気持ちはわかりますね。

«
»