朝ご飯の大切さ

一日中に一番大切な時間帯は朝ですから、朝ご飯は一日三食には一番大切です。
体は一夜の休み後、新しい一日の仕事や勉強を迎えて、この時には豊富的な栄養を取って、一日中のエネルギーを提供します。

現代生活には、朝ご飯を食べなくて、朝遅く寝ている人がたくさんいます。
実はサラリーマンと青春期の青少年にとって、午前は脳力労働と体力労働の重要な段階で、脳を覚ますのが大切ですから、朝ご飯は脳のスタートのスイッチです。

なので、朝ご飯をよく食べなかったりすることは、一日の活動に悪い影響を与えます。

長い間に朝ご飯を食べないと体が想像以上に悪いです。
青春期の青少年に発育を障害する以上、勉強の成績も影響します。
栄養のバランスをよく取られなくて、体の免疫力も低くなり病気になりやすいです。

現実的な話し、学力にも大きく差がついているようです。
朝食を食べない子は、食べる子に比べて、大きく成績が劣ることも無視できない事実のようですね。

忙しいのは、親としては当たり前であり、それを承知で家族を作り上げているはずです。
それを今更、「忙しい」という自己都合で、やるべきことをやらないのは、親として失格なのではないかと思うのです。
仕事を、忙しいことを理由に、断ったりしているのでしょう、そういう人たちは。

忙しいの「忙」という字は、心を亡くすと書きます。
心を亡くしたまま、子どもが育てられるわけが無いのです。

いい職場のオフィスがいい
コンプライアンスを守る就業管理
三六協定のリアルタイムチェック機能を搭載、コンプライアンス向上の就業管理システム
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«
»